HOME > 会社情報 > TechnoAmenity Stories2「森をつくろう」

会社情報

企業プロフィール

経営方針

生産拠点・グループ会社

  • TechnoAmenity Stories
  • ストーリーでわかる!日本触媒
  • 会社・製造所案内 MOVIE
  • お問い合わせ 日本触媒への各種お問い合せはこちらから
プレーヤー準備中
  • TechnoAmenity Stories2 森をつくろう。
  • TechnoAmenity Stories1 ローマに負けるな。

TechnoAmenity Stories2 森をつくろう。

1.高吸水性樹脂(ポリマー)が水を吸い込むしくみ

高吸水性ポリマーの作り方高吸水性樹脂(ポリマー)は、アクリル酸と、これを中和したアクリル酸ナトリウムを合わせ網目状にたくさんつなげて作ります。網目が風船のように膨らんで、水をたっぷり蓄えられる構造になっています。

高吸水性ポリマーが水を吸い込むしくみ水をぐんぐん吸い込む力は浸透圧によるものです。 粒子の中でナトリウムイオン(Na+)を放つので 内側の濃度が高まり、外側の水との濃度差ができるので、水を中へと取り込む力が働くしくみになっています。

2.日本触媒の高吸水性樹脂

高吸水性樹脂の用途は、ほとんどが紙おむつや生理用ナプキンなどの衛生材料です。日本触媒は、高吸水性樹脂とその原料であるアクリル酸における世界トップクラスの化学メーカーです。紙おむつの需要は新興国を中心に年々増加しており、その原料である高吸水性樹脂も高い成長性が見込まれます。

砂漠化防止技術研究プロジェクト

日本触媒は、中国の新疆ウイグル自治区において新疆林業科学院等の協力を得て、当社の高吸水性樹脂(SAP)を使用した植林実地試験を実施しています。

日本触媒は、中国の新疆ウイグル自治区において新疆林業科学院等の協力を得て、当社の高吸水性樹脂(SAP)を使用した植林実地試験を実施しています。当社の高吸水性樹脂技術と新疆林業科学院の優れた緑化技術が結びつくことにより、砂漠緑化が実現に向けて大きく前進するものと考えています。また今回のプロジェクトの目的である砂漠オアシスの防風砂漠固定化技術の確立は、中国に限らず全世界の砂漠化防止に役立ち、地球温暖化の問題解決にも貢献することが期待されます。

当社は、「TechnoAmenity 私たちはテクノロジーをもって人と社会に豊かさと快適さを提供します」をグループ企業理念としており、高吸水性樹脂をはじめ さまざまな製品や日々の活動を通して社会に貢献することが最大の使命であると考えています。

Next:ローマに負けるな。