HOME > CSR活動 > レスポンシブル・ケア活動 > 品質への取り組み

CSR活動

  • TechnoAmenity Stories
  • ストーリーでわかる!日本触媒
  • 会社・製造所案内 MOVIE
  • お問い合わせ 日本触媒への各種お問い合せはこちらから

レスポンシブル・ケア活動

化学企業にとってレスポンシブル・ケア(RC)活動は、製品の全ライフサイクルにわたって「環境・安全・健康」を確保し、対話を通じて社会からの信頼を深め、持続可能な発展を続けていくための重要な活動です。
当社は、1995年、日本レスポンシブル・ケア協議会発足と同時に参加し、環境保全、保安防災、労働安全衛生、化学品安全、品質、社会とのコミュニケーションを柱とするRC活動を積極的に推進してきました。グループ全体のRC活動を通じて社会に貢献し、企業の社会的責任を果たすことにより、社会から信頼されるように一層努めていきます。

品質への取り組み

品質活動の推進

当社はお客様に満足していただき、信頼していただける製品とサービスを安定的に提供することを品質活動の基本方針として品質維持・向上に取り組んでいます。

顧客満足への取り組み


品質管理大会

当社全製造所、国内外の製造および物流を担うグループ会社の全てで、品質マネジメントシステムを導入し、製品の開発段階から製造、納入に至るまで、お客様の立場に立った品質保証活動を推進しています。
また、お客様に満足していただける、優れた品質の製品を安定的に提供するよう、品質マネジメントシステムの継続的改善にも努めています。

品質トラブルの未然防止活動の推進


品質交流会

品質トラブルには迅速に対応するとともに、その対応の進捗状況が見えるようにデータベース化し全社で情報を共有しています。同時に事例の水平展開による品質トラブルの未然防止に役立てています。
また、国内グループ会社の品質課題についても適宜アドバイスを行うとともに、品質懇談会、品質交流会の実施により、グループ全体の品質活動を推進し、情報交換により品質トラブルの未然防止に努めています。

海外品質マネージャー会議メンバー / 中日合成・姫路意見交換会

海外グループ会社での品質課題についても適宜アドバイスを行うとともに、クラウドサーバーの導入による品質情報の共有化や、各拠点のメンバーが一堂に会した海外品質マネージャー会議等を行い、各拠点の品質活動、特に未然防止活動について紹介し、良い点を互いに取り入れられるよう意見交換しています。

監査体制の強化

当社は製品の安全・安心を守る品質体制を整えています。製品の品質や信頼性への社会的要求の高まりを受けて日本触媒グループでの品質管理の徹底のため、各事業所や国内外グループ会社においての品質監査を強化しています。

「ハラール認証」商品の展開

当社は、拓殖大学イスラーム研究所判定のもと、宗教法人日本ムスリム協会より「ハラール認証」を取得しています。
現在、イスラム信徒の多い東南アジア、特にマレーシアとインドネシアでは食品関連事業者が使用する原材料および生産工程においてハラール認証取得の必要性が高まっております。こうした状況をふまえ、当社は2014年に食品添加物用有機酸(コハク酸等)、2015年にポリアクリル酸ナトリウムの食品添加物グレード、飼料添加物グレードおよび工業グレードについて認証取得しました。これにより、東南アジアで、ますますの需要拡大が期待されます。当社はこれからも社会のニーズに応え、幅広い分野で人と社会に豊かさと快適さを提供していきます。

ハラール証明書 ※当社のハラール認証取得製品(2018年4月1日現在)
コハク酸、コハク酸二ナトリウム、無水マレイン酸、
アクアリックFH(増粘剤)、アクアリックMH(飼料粘結剤)、
アクアリックIH(凝集剤)

語句の説明

ハラール認証
イスラム教徒(ムスリム)の消費者を対象とした宗教的な配慮を行った商品やサービスについて、関連組織より一定の基準を満たしたと判断された場合に受ける認証。