「炎の経営者」とは

「炎の経営者」とは

日本触媒化学工業(現・日本触媒)の実質的な創業者である二代目・代表取締役社長の八谷泰造(やたがいたいぞう)が、戦中・戦後に渡り、石油化学工業の分野で世界を相手にし、経営者、技術者として熱く燃えるように駆け抜けていった人生を、八谷と親交のあった作家・高杉良が書き起こした長編経済小説である。

大阪の小さな町工場が、当時誰も想像だにしなかった石油化学工業の国産化を目指し、度重なる苦難を乗り越え成し遂げていくその様は、いまの日本で失われつつある〝チャレンジ精神〟を持つことの大切さを教えてくれる作品である。

 
日本触媒化学工業(現・日本触媒)の実質的な創業者である二代目・代表取締役社長の八谷泰造(やたがいたいぞう)が、戦中・戦後に渡り、石油化学工業の分野で世界を相手にし、経営者、技術者として熱く燃えるように駆け抜けていった人生を、八谷と親交のあった作家高杉良が書き起こした長編経済小説である。

大阪の小さな町工場が、当時誰も想像だにしなかった石油化学工業の国産化を目指し、度重なる苦難を乗り越え成し遂げていくその様は、いまの日本で失われつつある〝チャレンジ精神〟を持つことの大切さを教えてくれる作品である。

働き方が問われる時代

働き方が問われる時代

小説には八谷泰造の生き様だけでなく、日本触媒化学工業(現・日本触媒)で働く社員たちの生き様も生き生きと描かれている。
社会情勢や、自然災害など理不尽なまでの苦難を受け続けるが、彼らは決して下を向くことなく、自分たちが開発する技術により、人々の暮らしがより豊かになればと人生を賭けて懸命に生きていた。昨今、働き方が問われることが多くなってきた。そんな時代だからこそ、小説に描かれた八谷を筆頭とした彼らの姿が、〝人生を賭けて何をしたいのか?〟を考えるきっかけになる作品が作れるのではないか、とドラマ化へ動き出した。

 

小説には八谷泰造の生き様だけでなく、日本触媒化学工業(現・日本触媒)で働く社員たちの生き様も生き生きと描かれている。
社会情勢や、自然災害など理不尽なまでの苦難を受け続けるが、彼らは決して下を向くことなく、自分たちが開発する技術により、人々の暮らしがより豊かになればと人生を賭けて懸命に生きていた。昨今、働き方が問われることが多くなってきた。そんな時代だからこそ、小説に描かれた八谷を筆頭とした彼らの姿が、〝人生を賭けて何をしたいのか?〟を考えるきっかけになる作品が作れるのではないか、とドラマ化へ動き出した。

 

そして、困難を極める

そして、困難を極める

ドラマスタッフのほぼ全員が、作中で描かれる当時のことを知らない。
原作者高杉良さんに当時のお話を伺い、そして資料を読みあさり、脚本作りや撮影場所探しなどを進めていった。また、話の中心となる化学工業についての知識があるわけもなく、日本触媒の方々に指導を仰ぎながら、化学技術についていかに表現すれば視聴者に分かり易く届けることが出来るだろうかと模索を繰り返した。
〝触媒〟〝無水フタル酸〟〝エチレンオキサイド〟
こういった耳なじみのない化学用語がいかなるモノなのか、いかに日々の生活を豊かにしてくれているモノなのか、ぜひドラマにてご覧いただきたい。

 

ドラマスタッフのほぼ全員が、作中で描かれる当時のことを知らない。
原作者高杉良さんに当時のお話を伺い、そして資料を読みあさり、脚本作りや撮影場所探しなどを進めていった。また、話の中心となる化学工業についての知識があるわけもなく、日本触媒の方々に指導を仰ぎながら、化学技術についていかに表現すれば視聴者に分かり易く届けることが出来るだろうかと模索を繰り返した。
〝触媒〟〝無水フタル酸〟〝エチレンオキサイド〟
こういった耳なじみのない化学用語がいかなるモノなのか、いかに日々の生活を豊かにしてくれているモノなのか、ぜひドラマにてご覧いただきたい。

 
 
 

先見性のあるチャレンジ精神

先見性のあるチャレンジ精神

日本触媒は70年以上に渡り事業を継続し、成長させてきた。
「炎の経営者」こと八谷泰造から受け継がれた〝先見性のあるチャレンジ精神〟により、川崎製造所、姫路製造所開所後も、独自の技術で様々な製品を開発している。
とくに姫路製造所は建設当時、他に良い立地があったにもかかわらず、河口に面した土地に建設。これは、将来の海上輸送を見越したもので、その先見性は後に大きな成果となって実を結んだ。
またその一方では、社是「安全が生産に優先する」のもと、徹底的なリスク管理を行い、石油化学工業の発展を推進している。

損得ではなく、善悪で考える

損得ではなく、善悪で考える

2008年のリーマンショックの際、各企業が設備投資を抑制した時にも、日本触媒は今後の動向を読み、紙おむつの材料となる高吸水性樹脂やアクリル酸の生産設備の増設を完遂させた。紙おむつに欠かせない高吸水性樹脂は、全世界に流通する4分の1を日本触媒が生産している。これは世界トップシェアである。
日本触媒・代表取締役社長池田全徳は「ものごとは、損得でなく善悪で考える。自分の損得を物差しに考えるな。正しくても、損だからと否定したら、物事は前に進まない」と語る。
500人もの研究者を抱え、暮らしを支える更なる新規製品を提供すべく、現在は新エネルギーや健康・医療といった新分野にも挑戦を続けている。

 
2008年のリーマンショックの際、各企業が設備投資を抑制した時にも、日本触媒は今後の動向を読み、紙おむつの材料となる高吸水性樹脂やアクリル酸の生産設備の増設を完遂させた。紙おむつに欠かせない高吸水性樹脂は、全世界に流通する4分の1を日本触媒が生産している。これは世界トップシェアである。
日本触媒・代表取締役社長池田全徳は「ものごとは、損得でなく善悪で考える。自分の損得を物差しに考えるな。正しくても、損だからと否定したら、物事は前に進まない」と語る。
500人もの研究者を抱え、暮らしを支える更なる新規製品を提供すべく、現在は新エネルギーや健康・医療といった新分野にも挑戦を続けている。

 


ドラマ「炎の経営者」公式サイト

株式会社日本触媒

ドラマ「炎の経営者」公式サイト

株式会社日本触媒