HOME > 事業と製品 > 機能性化学品事業 > オキサゾリン基含有ポリマー(エポクロス®)

事業と製品

  • TechnoAmenity Stories
  • ストーリーでわかる!日本触媒
  • 会社・製造所案内 MOVIE
  • お問い合わせ 日本触媒への各種お問い合せはこちらから

オキサゾリン基含有ポリマー(エポクロス®)


製品名 エポクロス®
一般名称 オキサゾリン基含有ポリマー
用途 塗料・粘接着剤、繊維処理バインダー、フィルムなどのコーティング剤の架橋・密着向上剤、熱可塑樹脂添加剤
問い合わせ先 株式会社日本触媒
精密化学品営業部
(東京)TEL:03-3506-7610 FAX:03-3506-7597
(大阪)TEL:06-6223-9235 FAX:06-6223-9236
エポクロス®のサンプル・お問い合わせ

エポクロス® [945 KB]


エポクロスは、DOW社(米国)の基本技術を基に、当社が蓄積した有機合成・高分子技術を加えることで、1990年に世界で初めて企業化に成功した機能性高分子製品です。近年、VOC対応・脱溶剤化による水系化の流れが強まり、世界的に環境問題に対処すべく安全性を重視した製品開発に期待が高まっており、当社のエポクロスは、さまざまなお客様にご活用いただいております。とりわけ、架橋剤としては稀にみる高分子タイプであることから、ユニークな製品として市場で認識されております。

当製品は、DOW CHEMICAL COMPANY(米国)よりライセンスされたもので、米国法務省の輸出管理規制の対象となり、EAR99に分類されています。そのため当製品を、米国政府が指定する特定の国、地域、団体、個人等に輸出・販売等する場合には、事前に米国政府の許可が必要になることがありますので、米国の輸出管理関係法令の遵守を徹底するよう御注意ください。

(なお、米国の輸出管理に関する詳細は、http://www.bis.doc.gov/index.htmを含む米国政府機関のWeb Siteから入手することができます。)

エポクロスとは

製品の種類、性状および特長

種別 エマルション 水溶性
シリーズ名 K-2000 シリーズ WS シリーズ
品番 K-2010E K-2020E K-2030E WS-300 WS-500 WS-700
外観 乳白色エマルション 無色〜淡赤色液体 淡黄色液体
種類 ソフトタイプ ミディアムタイプ ハードタイプ 高オキサゾリン
VOCフリー
標準 VOCフリー
不揮発分(wt%) 40 10 39 25
溶媒 水/PM*5
pH 7-9 7-10 8-10 7-10
ポリマー主鎖 スチレン/アクリル アクリル
WPO*1 550 130 220

オキサゾリン基量*2

1.8

7.7

4.5

Tg(℃) -50*3 0*3 50*3 90*3 50*4 50*4
分子量 Mn 測定不可 4×104 2×104 2×104
Mw

測定不可

12×104 7×104 4×104
共通の特長
  • VOCフリー、可使時間が長い1液タイプ
  • Tgにより風合いの調整が可能
  • 耐水性、耐溶剤性、耐熱性、およびフィルム強度等が向上
  • ポリエステルへの密着性が良好
  • 乾燥性が良好
  • 可使用時間が長い1液タイプ
  • エマルションタイプと比較して高反応性
  • 耐水性、耐溶剤性、耐熱性、およびフィルム強度等が向上
  • 密着性付与(PET、OPP、PVC etc)
  • 乾燥性が良好

本表記載値は、代表値であり規格値ではありません。

*1 オキサゾリン価(Weight per oxazoline equivalent:g,solid/eq.):理論値
*2 オキサゾリン基量(mmol/g,solid):理論値
*3 計算値
*4 実測値
*5 PM=1-メトキシ-2-プロパノール

オキサゾリン基の反応性について

■カルボキシル基との反応

1.多くの水系樹脂に導入されているカルボキシル基との反応が最も有効です。
2.カルボキシル基とは反応後安定なアミドエステル結合を生成し、副生成物の発生がありません。
3.カルボキシル基との反応は80℃〜100℃以上で急速に進行します。
4.室内においてカルボキシル基との反応は緩やかに進行します。
5.カルボキシル基との反応性はエポキシ基より良好です。
6.芳香族性のチオール基やフェノール基とも反応しますが、アルコール性水酸基とは反応しません。

■オキサゾリン基のモデル反応(エチルオキサゾリンン/プロピオン酸)

反応条件:エチルオキサゾリン/プロピオン酸=1/1(mol/mol),無溶媒反応
フェニルグリシジルエーテル/プロピオン酸=1/1(mol/mol),無溶媒反応
分析方法:ガスクロマトグラフィーによる分析

安全性及び各国法規制

エポクロスは低毒性であり、安全性の高い架橋剤です。

■安全性データ

 

Amesテスト 皮膚一次刺激性試験
(ウサギ)
急性毒性
(経口, ラット, LD50)
魚毒性
(ヒメダカ, LC50, 96hr)
K-2010E 陰性 無し 2000mg/kg以上 1000mg/L以上
K-2020E 陰性 無し 2000mg/kg以上 1000mg/L以上
K-2030E 陰性 無し 2000mg/kg以上 1000mg/L以上
WS-300 陰性 軽度の刺激性
Pll=0.2
2000mg/kg以上 -
WS-500 陰性 無し 2000mg/kg以上 1000mg/L以上
WS-700 陰性 無し 2000mg/kg以上 1000mg/L以上

- : データ無し

■各国法規制

 

化審法
(日本)
TSCA
(米国)
REACH
(欧州)
K-REACH
(Korea)
現有化学物質
名録(China)
K-2010E * ×
K-2020E * ×
K-2030E * ×
WS-300 × × ×
WS-500 *
WS-700 *

○:登録済み  ○*:登録済み(数量制限あり)  ×:未登録

お取り扱いの際には必ず化学品安全データシート(SDS)をご参照ください。

お問い合わせ

株式会社日本触媒 精密化学品営業部
(東京) TEL:03-3506-7610 FAX:03-3506-7597
(大阪) TEL:06-6223-9235 FAX:06-6223-9236
エポクロス®のサンプル・お問い合わせ