人が育つ制度と安心の仕組み

1.教育研修体制

「皆が誇れる会社」(1.安全で安心して働ける会社、2.汗を流した人が報われる会社、3.胸を張って働いているといえる会社)を目指す日本触媒では、2014年度から長期経営計画「新生日本触媒 2020」を推進しています(※「6つのキーワードで知る日本触媒(6)」参照)。
計画を成し遂げるために当社では、以下の4項を「目標とする人材像」として掲げ、他人任せにせず汗を流し、当事者意識を持って行動する人材の育成に努めています。

  • 自ら課題を形成し、解決できる自律型人材
  • 自己および組織を柔軟に変革できる人材
  • 高度な専門性を有し、発揮できる人材
  • 国際社会に通用する人材

会社が従業員に対して必要な能力開発の機会を提供し、従業員が主体的に必要かつ多様な能力を身につけることは、会社にとっても従業員個々人にとっても将来の糧になります。そうした考えのもと当社では、キャリアの各ステップで受講する「階層別研修」の実施に加え、希望者参加型の「自己選択型研修」を用意。その他にも英語研修、海外留学制度、通信教育、資格取得援助など、各人が自身に合った能力開発を主体的に行うことを支援する体制が整っています。

能力開発支援制度

人材育成支援制度

階層別研修 新入社員研修にはじまり各階層ごとに実施
部門別能力開発 業務遂行上必要な専門知識・能力の向上を図るために実施
自己選択型研修 コミュニケーション・論理的思考など仕事を進めるために必要なビジネススキルを習得するプログラム約30コースを用意
英語研修 単なる語学習得に留まらず、従業員の「自身の意見を発信しようとするマインド」の醸成も支援する施策を実施
自己選択型英語力習得プログラム、英会話学校への費用補助、社内TOEIC®(リスニング & リーディング、スピーキング & ライティング)
通信教育 ビジネススキルや語学の習得や公的資格取得などを支援する約150コースの中から従業員が受講コースを自ら選択し、自宅で、また通勤時間などにも学習できるようにすることで、業務が多忙な時期などの能力開発(「学びたい」という従業員の気持ち)を支援
その他 海外留学、海外トレーニー制度、グローバル人材育成プログラム、資格取得援助

2. 安心・充実を支える仕組み

  • 寮・社宅

    全事業所に完備しています。

  • 社員クラブ

    仕事の後のひととき、食事やお酒を楽しみながら、部署内の親睦を深めたり、部門や世代を越えて交流したりする場を事業所の近くに設置しています。時には「マグロ解体ショー」などのイベントも催され、多くの従業員が集います。

  • 福利厚生行事

    新人歓迎イベントやスキーツアーなど、各種行事を実施しています。従業員同士の相互理解はもちろん、一緒に参加した家族の交流の場として、また心身の健康の維持・増進の機会として、多くの従業員が参加しています。

  • 部活動

    会社公認のクラブとして、野球、サッカー、テニス、バスケット、バレーボール、囲碁、将棋、音楽などがあります。

  • 部署対抗スポーツ大会

    従業員が一丸となって熱い戦いと応援を繰り広げます。

  • 福利厚生倶楽部

    全国のリゾート施設をはじめ、育児、介護、スポーツ、レジャーランドなど多彩なサービスが特別価格で利用可能です。

  • 社内報(しょくばい誌)

    社内の情報を共有し、インナーコミュニケーションを深めるためのメディアとして季節ごとに発行しています。全従業員と、入寮者にはその家族にも配布しています。

  • 企業倫理研修

    近年、事業活動における企業倫理の重要性が増しています。
    当社では、グループ全体の企業倫理のさらなる浸透・徹底のため、集合研修や職場単位での座談会形式の研修などを定期的に行っています。損得ではなく善悪で物事を自律的に判断すること、それを実践・行動にうつすことの重要性を共有しています。