HOME > CSR活動 > 社会貢献 > 自然環境の保全

CSR活動

  • TechnoAmenity Stories
  • ストーリーでわかる!日本触媒
  • 会社・製造所案内 MOVIE
  • お問い合わせ 日本触媒への各種お問い合せはこちらから

社会貢献

社会貢献活動方針
当社は、日本触媒グループの企業理念「TechnoAmenity」のもと、社会とのコミュニケーションを図り、「よき企業市民」として、自然環境の保全、地域社会との共生、次世代人材育成等の活動を推進します。

自然環境の保全

「日本触媒の森」づくり活動

地球温暖化防止や生物多様性保全のため、社員のボランティアによる、自然環境の保護・再生の活動を行っています。この活動を通じ、環境について自ら考え行動できる「人づくり」を目指しています。

「日本触媒・水源の森」づくり
日本触媒・水源の森
赤西川の水質調査
所在地:兵庫県宍粟市波賀町原地内赤西渓谷
活動内容:森林整備作業・川の生物調査など
活動実施:2008年11月〜
美しい森を次代に残すため、姫路製造所が面する揖保川の源流にあたる赤西渓谷で水源涵養林の整備などを行っています。また、赤西川に生息する生き物の調査などを通じて、生物多様性保全の大切さを学んでいます。
2017年度は、3回(5月、8月、10月)の活動を行いました。夏の活動では、今年も大学の教授、学生の皆様にご協力いただき、川の生き物と水質の調査を行いました。
詳細を見る
  • 2017年10月28日 参加者数:54人
    ・ベンチ製作
    ・花炭製作
    ・自然薯団子の味噌汁調理・試食
  • 2017年8月26日 参加者数:110人
    ・植林場所の下草刈り
    ・木工体験
    ・川の生物調査(兵庫県立大学)、水質調査
  • 2017年5月27日 参加者数:93人
    ・間伐体験
    ・森の散策
  • 2016年10月29日 参加者数:57人
    ・植樹(8種30本)、樹名板製作
    ・森の散策
    ・むかご試食
  • 2016年8月20日 参加者数:83人
    ・植林場所の下草刈り
    ・木工体験
    ・川の生物調査(兵庫県立大学)、水質調査
  • 2016年5月21日 参加者数:96人
    ・遊歩道の整備、森の散策
    ・木工体験
    ・ちまき作り
  • 2015年10月24日 参加者数:62人
    ・森林散策(落ち葉、どんぐり収集)
    ・コラージュ作成
    ・トチ餅作り
  • 2015年8月22日 参加者数:83人
    ・植林場所の下草刈り
    ・木工体験
    ・川の生物調査(兵庫県立大学)、水質調査
  • 2015年5月23日 参加者数:83人
    ・遊歩道の整備、森林探索
    ・コースター作り
    ・森のアロマ作り
  • 2014年10月18日 参加者数:40人
    ・森林散策
    ・木工体験(コースター、置物づくり)
    ・こんにゃく作り
  • 2014年8月23日 参加者数:91人
    ・森林整備
    ・木工体験
    ・川の生物調査(兵庫県立大学)、水質調査
  • 2014年5月31日 参加者数:46人
    ・間伐体験
    ・ベンチ製作
    ・樹名板づくり
  • 2013年10月19日 参加者数:44人
    ・植林作業(ヤマザクラ、トチ各25本)
    ・下草刈り体験(子供班)
    ・森林散策(先代杉の見学)
  • 2013年8月24日 参加者数:65人
    ・植林場所の下草刈り
    ・木工体験
    ・川の生物調査(人と自然の博物館、兵庫県立大学)
  • 2013年5月25日 参加者数:37人
    ・樹名板製作、森林整備
  • 2012年8月25日 参加者数:57人
    ・ベンチ作成
    ・森の話し&木工作り(子供)
    ・赤西川の生物調査(人と自然の博物館研究員指導)
  • 2012年5月19日 参加者数:33人
    ・事業地内の案内板作成・設置
  • 2011年10月29日 参加者数:58人
    ・整備活動(遊歩道づくりと補樹)
    ・赤西の森探検(先代杉・母樹林の見学)
    ・ネーミング大会(事業地内の遊歩道・広場)
  • 2011年8月20日 参加者数:34人
    ・整備活動(遊歩道づくり・修復)
    ・赤西川の生物調査
  • 2011年5月21日 参加者数:27人
    ・整備活動(遊歩道修復・炭窯跡整備)
    ・コースター作り(子供)
  • 2010年8月21日 参加者数:28人
    ・森の歴史講話
    ・テーブル/ベンチ作成
    ・整備活動(枯れ木整理)
  • 2010年5月22日 参加者数:30人
    ・間伐体験
    ・整備活動(清掃)
    ・赤西の森探検(先代杉の見学)
  • 2009年10月31日 参加者数:45人
    ・整備活動(遊歩道づくり・倒木整理・橋修復)
    ・記念植樹
  • 2009年5月16日 参加者数:24人
    ・整備活動(遊歩道づくり・倒木整理・橋修復)
    ・赤西の森探検(先代杉の見学)
  • 2008年11月15日 参加者数:76人
    ・開所式
    ・整備活動(遊歩道づくり・清掃)
    ・観察会
「日本触媒・湯河原万葉の森」づくり
日本触媒・湯河原万葉の森
湯河原万葉の森
所在地:神奈川県足柄下郡湯河原町鍛冶屋
活動内容:森林整備作業・自然監察会など
活動実施:2013年11月〜
湯河原町の新崎川上流の水源涵養林で森林整備、自然観察会を行っています。地元町民の皆様と共に、森とふれあい森を育てる場になっています。
2017年度は、2回(5、10月)の活動を行いました。秋の活動では、湯河原町の方々と共同で、間伐と水源整備を行いました。
詳細を見る
  • 2017年10月28日 参加者数:72人
    ・植樹、間伐
    ・自然観察
    ・水源整備(水路整備、ベンチ作成等)
  • 2017年5月20日 参加者数:79人
    ・間伐、下草刈り
    ・階段作り
    ・水源整備、自然観察
  • 2016年10月22日 参加者数:73人
    ・植樹、間伐
    ・自然観察
    ・水源整備(水路整備、ベンチ作成等)
  • 2016年5月28日 参加者数:77人
    ・間伐、下草刈り
    ・階段作り
    ・水源整備、自然観察
  • 2015年10月17日 参加者数:93人
    ・間伐、除伐
    ・木工作業(テーブル、アクセサリー作り)
    ・水源整備、自然観察
  • 2015年5月30日 参加者数:74人
    ・下草刈り
    ・除伐
    ・水源整備
  • 2014年10月25日 参加者数:61人
    ・植樹(クヌギ、コナラ計50本)
    ・間伐
    ・ベンチづくり
  • 2014年5月24日 参加者数:52人
    ・遊歩道補修
    ・樹名板づくり
    ・森林整備、自然散策
  • 2013年11月9日 参加者数:87人
    ・開所式
    ・植林(スギ100本、ヤマザクラ10本)、観察会
    ・間伐体験
「地球温暖化防止と日中友好の森」づくり
地球温暖化防止と日中友好の森
左:活動開始当時(2008年)の様子
右:2017年の様子
所在地:中華人民共和国内蒙古自治区エジンホロ旗
活動内容:植林作業・維持管理作業など
活動実施:2008年10月〜
中国内陸部の砂漠化を防止し、かつてあった広大な森を再生するため、現地に赴いて植林を行ってきました。
2017年度は10月に現地に行き、これまでの9年間で植えた1,000本を超える木々の成長を確認しました。
詳細を見る
  • 2016年9月 参加者数:17人 植樹本数:90本
    ・植林、維持管理作業
    ・地元職員及び大学生との交流
  • 2015年9月 参加者数:17人 植樹本数:50本
    ・植林、維持管理作業
    ・地元職員及び大学生との交流
  • 2014年9月 参加者数:19人 植樹本数:100本
    ・植林、維持管理作業
    ・地元職員及び大学生との交流
    ・吸水性樹脂実験林測定
  • 2013年9月 参加者数:22人 植樹本数:200本
    ・植林、維持管理作業及び記念植樹
    ・地元職員及び大学生との交流
    ・吸水性樹脂実験林測定
  • 2012年9月 参加者数:30人 植樹本数:200本
    ・植林、維持管理作業及び記念植樹
    ・地元職員及び大学生との交流
    ・吸水性樹脂実験植林
  • 2011年10月 参加者数:24人 植樹本数:120本
    ・植林及び維持管理作業
    ・地元職員及び大学生との交流
  • 2010年10月 参加者数:32人 植樹本数:100本
    ・植林及び維持管理作業
    ・地元職員及び大学生との交流
    ・吸水性樹脂実験植林
  • 2009年10月 参加者数:26人 植樹本数:100本
    ・植林及び維持管理作業
    ・地元職員及び大学生との交流
  • 2008年10月 参加者数:31人 植樹本数:50本
    ・開所式
    ・植林及び維持管理作業
    ・地元職員及び大学生との交流

ノジギク保存・普及活動

ノジギク保存・普及活動
ノジギク保存園

絶滅の危機にあった兵庫県花「ノジギク」を救済し、保存・普及するため、姫路製造所の緑化ヤード(約2,000u)に、原種を含め160品種のノジギクを栽培しています。
1972年から栽培を始め、1974年より毎年、兵庫県と協力して苗の配布を行っています。
2017年度は、約2万1千株の苗を、地方自治体をはじめ、幼稚園・小中学校・自治会等、計249団体に配布しました。