HOME > CSR活動 > サプライチェーンへの取り組み

CSR活動

  • TechnoAmenity Stories
  • ストーリーでわかる!日本触媒
  • 会社・製造所案内 MOVIE
  • お問い合わせ 日本触媒への各種お問い合せはこちらから

サプライチェーンへの取り組み

当社は原材料の調達から製品の製造・販売、使用、廃棄に至るまでのサプライチェーンにおいても、当社グループ企業理念 “TechnoAmenity 〜 私たちはテクノロジーをもって人と社会に豊かさと快適さを提供します”の実践を目指し、さまざまなCSR調達活動を推進しています。

購買基本方針の運用

当社は「購買基本方針」のもと調達活動を実施しています。この方針には、公正で誠実な取引を行うことに加えて、人権や環境への配慮などの持続可能な調達の視点を取り込んでいます。安全・安心な製品を提供するため、当社製品のサプライチェーンにおいても当社グループ企業理念 “TechnoAmenity”を実践していきます。

購買基本方針

グリーン調達の取り組み

当社では原材料の調達から製造・販売に至るまでのサプライチェーンにおいて、安全・安心な製品を供給する取り組みを強化しています。当社のグリーン調達管理規則に基づき、規制されている物質または有害性が高い物質などについて、独自に「使用禁止物質」「使用制限物質」の2つのカテゴリーを設定し、環境に配慮した製品開発、環境負荷の少ない原材料の調達、製品中に含有する物質の把握・管理を推進しています。使用する情報伝達シートについては、経済産業省の主導により開発されたchemSHERPAを採用しています。

※chemSHERPAとは、経済産業省主導で開発した、製品含有化学物質をサプライチェーンに情報伝達するための共通スキーム。2018年4月より本格運用が開始されている。

責任ある鉱物調達方針

当社では企業の社会的責任を果たすため、紛争鉱物を調達していないことを確認しています。調達先については継続的に実態を把握し、紛争鉱物の使用が判明した場合は速やかに調達を停止します。

※コンゴ民主共和国およびその周辺国の現地武装勢力により採掘販売されている金(Au)、タンタル(Ta)、タングステン(W)、錫(Sn)、および、CAHRAs(紛争地域および高リスク地域)におけるコバルト(Co)。

CSRサプライヤー調査の実施

当社は、サプライチェーンにおいてサステナビリティを推進するためには、お取引先のご理解、ご協力が不可欠であると考えています。そのため、お取引先に対してCSRアンケート調査を実施しています。 CSRアンケート調査票にご回答いただくことで、お取引先において、当社の「購買基本方針」に沿った事業活動が行われているかを確認しています。私たちは引き続きお取引先との連携を強化し、CSR調達活動を推進していきます。

サプライヤーエシカル情報共有プラットフォームの活用

当社グループ内での人権・労働慣行・安全衛生・環境・公正な事業慣行への着実な対応のみならず、責任あるサプライチェーンの実現を目指して活動を推進しています。その一環として、当社は、Sedex※1やEcoVadis※2などのサプライチェーンエシカル情報共有プラットフォームを活用し、CSR情報を開示しています。

※1 非営利団体Sedexが運用する、倫理的で責任ある商慣行に関するデータを保管、閲覧するためのオンラインプラットフォーム。
Sedexは食品、農業、金融サービス、衣類、衣料品、包装、化学物質など35の産業分野にまたがる180カ国・地域で活用されています。

※2 フランス企業EcoVadisが運営するサプライチェーンのパフォーマンス管理のためのオンラインプラットフォーム。約160か国で65,000社以上の企業が利用しています。

物流での取り組み

当社は、国土交通省・経済産業省・農林水産省が提唱する「ホワイト物流」推進運動に賛同し、自主行動宣言を行い、その実現に取り組んでいます。

※「ホワイト物流」推進運動とは、深刻化が続くトラック運転者不足に対応し、国民生活や産業活動に必要な物流を安定的に確保するとともに、経済の成長への寄与を目的とする運動です。