HOME > 最新情報 > リチウムメタル電池用ポリマーの生産・販売会社、株式会社ソリオン設立について

最新情報

  • TechnoAmenity Stories
  • ストーリーでわかる!日本触媒
  • 会社・製造所案内 MOVIE
  • お問い合わせ 日本触媒への各種お問い合せはこちらから

2002年

リチウムメタル電池用ポリマーの生産・販売会社、株式会社ソリオン設立について

2002年10月1日
第一工業製薬株式会社
株式会社日本触媒

第一工業製薬株式会社(代表取締役社長:植田 武彦)と株式会社日本触媒(代表取締役社長:柳田 浩)は、リチウム電池用ポリマーを生産・販売する新会社を、設立することに合意し、2002年9月20日に、両者対等出資による株式会社ソリオン(英文表示:Solion Corporation、代表取締役社長:青木 充雄、本社:京都市、資本金9,800万円)を設立し、2002年10月1日から営業を開始いたします。
ソリオン社は、第一工業製薬と日本触媒の両者が保有するリチウム電池用ポリマーの基本製造技術・量産化技術・品質評価技術を活用し、リチウム電池用ポリマーの生産・販売を行います。
ソリオン社が供給するリチウム電池用ポリマーはリチウムメタルポリマー二次電池の材料として使用されます。リチウムメタルポリマー二次電池は、まず、通信用電源として北米地区での需要が見込まれています。さらに、ピーク電力平準化、ハイブリッドカー、電気自動車等の用途向けに大型のリチウムメタルポリマー二次電池の販売拡大が予想され、それに伴い同ポリマーの需要が拡大することが期待されています。
ソリオン社は、大型のリチウムメタルポリマー二次電池の今後の需要拡大に対応して、数年後には20億円程度の売上規模を目指します。

(参考) リチウムメタルポリマー二次電池の特長とは、
ソリオン社が供給するリチウム電池用ポリマーを用いることで、完全固体電解質のリチウムメタルポリマー電池が実現できます。この電池の特長は、ノートパソコンや携帯電話に使用されているリチウムイオン二次電池と比較して、電解液の液漏れおよび引火の恐れがなく安全性が高いこと、負極にリチウムメタルを使用できることから、より高容量であること等があげられます。そのような特長から、リチウムイオン二次電池では適用が難しかった自動車用バッテリー、停電時バックアップ電源等の大型二次電池として使用可能です。
現在、大型の二次電池としては、主として鉛蓄電池が使われています。ニッケルカドミウム電池も開発途上ですが、カドミウムの毒性が問題となります。リチウムメタルポリマー電池は無害であり、鉛蓄電池と比較して高容量かつ長寿命であるという特長があります。

以上

[この件に関するお問い合わせ先]

第一工業製薬株式会社
開発研究本部 開発部 電話 075-321-1458

株式会社日本触媒
新規事業企画室 電話 06-6223-9197