HOME > 最新情報 > 不飽和ポリエステル樹脂事業統合の件

最新情報

  • TechnoAmenity Stories
  • ストーリーでわかる!日本触媒
  • 会社・製造所案内 MOVIE
  • お問い合わせ 日本触媒への各種お問い合せはこちらから

2002年

不飽和ポリエステル樹脂事業統合の件

2002年10月31日
株式会社日本触媒
三井武田ケミカル株式会社
三井化学株式会社

株式会社日本触媒(社長:柳田浩、本社:大阪市中央区)、三井武田ケミカル株式会社(社長:西野建一、本社:東京都千代田区)、三井化学株式会社(社長:中西宏幸、本社:東京都千代田区)は、このたび不飽和ポリエステル樹脂事業を統合し、新会社設立(2003年4月目途)へ向けて、詳細検討に入ることに合意いたしました。

不飽和ポリエステル樹脂につきましては、主としてガラス繊維強化プラスチック(FRP)の主原料として使用されておりますが、主用途である住宅の着工件数の減少、公共事業の圧縮により、同樹脂の国内需要は1990年の270千トンをピークに減少を続け、2001年には200千トンまで減少しております。さらに輸入品は、低価格を武器に年々増加してきており、2001年には13千トンまで増加してきております。一方で国内供給生産能力は、320千トンと大幅な供給過剰状態にあります。
このような国内市場の縮小、生産過剰の事業環境に対し、三井武田ケミカルと日本触媒の事業を統合し新会社設立することにより、抜本的な事業再構築を推進していきます。なお、新会社には、不飽和ポリエステル樹脂を原料として使用する三井武田ケミカル株式会社の成形材料事業(SMC等)も統合する予定です。

今後は、新会社の事業基盤の確立と効率的運営を目的として、

1)販売・生産・研究機能を有する。
2)販売統合により営業活動の効率化を積極的に進める。
3)物流の効率化、原料調達の一元化を実施することによりコスト低減を目指す。
4)生産、研究統合により技術シナジーの実現を図る。

という観点から、新会社の出資比率、休止工場の決定など詳細検討を実施して参ります。

以上

[この件に関するお問い合わせ先]

株式会社日本触媒
広報部 電話 06−6223−9105

三井武田ケミカル株式会社
管理部総務・人事G 電話 03−3592−4506

三井化学株式会社
IR・広報室 電話 03−3592−4060