HOME > 製品情報 > 脱硝触媒

製品情報

  • TechnoAmenity Stories
  • ストーリーでわかる!日本触媒
  • 会社・製造所案内 MOVIE
  • お問い合わせ 日本触媒への各種お問い合せはこちらから

脱硝触媒

製品名 脱硝触媒
一般名称 脱硝触媒

ボイラー、自家発電装置、燃焼炉等各種固定燃焼装置、金属エッチングなどから発生する窒素酸化物(NOx)は、光化学スモッグ発生の最大の要因物質であり、NOxの排出規制が行われています。
NOxの除去方法は、触媒を用い還元剤としてアンモニアを使用する選択的還元法が一般的であり、この装置に使用される触媒が脱硝触媒です。
当社の脱硝触媒は火力発電所のボイラー排ガス用をはじめとして各種排ガスの脱硝装置に使用されています。

1.特長

  1. ボイラー、ガスタービン、ディーゼルエンジン、セメント焼成炉、加熱炉、ごみ焼却炉等のさまざまな排ガスについて最適な触媒を選定することにより対応できます。
  2. 160〜600℃の幅広い温度範囲で高いNOx除去率を示します。
  3. 排ガス中のSOxやダスト中の被毒成分の影響が少なく、長期間にわたって高い脱硝活性を維持します。
  4. SO2酸化性能が低いため硫安化合物等による後流機器トラブルが抑制されます。
  5. 触媒のセル数(目開き)を変えることによって、あらゆるダスト量の排ガスに対応できます。また、石炭焚ボイラ排ガス用の触媒は、ダストによる磨耗に対して、高い耐久性を持っております。
  6. 耐熱性に優れています。

2.形状

触媒形状としては、一般的には外径寸法150mm×150mm 、長さ400〜1,060mm のハニカム状触媒が広く使用されております。代表例は下表に示す通りです。

形状 表

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。