最新情報

  • TechnoAmenity Stories
  • ストーリーでわかる!日本触媒
  • 会社・製造所案内 MOVIE
  • お問い合わせ 日本触媒への各種お問い合せはこちらから

2018年

ベルギー子会社NIPPON SHOKUBAI EUROPE N.V.:高吸水性樹脂及びアクリル酸設備建設完工式開催

2018年10月4日ニュースリリース

 株式会社日本触媒(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:五嶋祐治朗) のベルギー子会社NIPPON SHOKUBAI EUROPE N.V.(以下NSEという)は、2018年10月2日、ベルギー王国アントワープ州の同社敷地内にて、高吸水性樹脂(SAP)10万トン/年およびアクリル酸(AA)10万トン/年設備建設の完工式を執り行いました。(NSEおよび今回投資の概要は後述)

 「従来NSEではSAPのみを生産していたが、今回新たにAAプラントを建設したことにより、AA・SAPの垂直統合の強みを最大限発揮できるようになった」(代表取締役社長 五嶋祐治朗)

 当社グループのコア事業のひとつであるSAPは、紙おむつの原料としてグローバルで需要が堅調に伸びており、欧州におきましても中欧・東欧圏を中心に堅調な伸びが見込まれております。その需要に適切に対応していくため、今回、SAP生産設備を増強することにより欧州市場での供給体制を拡充しました。またSAPの主原料であるAAの生産設備を新設したことにより、欧州における原料からの一貫生産体制が整いました。これにより、SAPのグローバルな安定供給体制をより強化でき、当社グループのAAおよびSAPの生産能力は以下の通りになりました。今後もSAPトップサプライヤーとしての地位をより強固にしてまいります。

日本触媒グループのAAおよびSAP 生産能力(万トン/年)
     2017年末  2018年末
AA     78        88
SAP    61        71

尚、完工式の主要出席者は下記のとおりです。
・在ベルギー王国特命全権大使 林 肇 氏
・ベルギー連邦政府国務長官 ピーター・ドゥ・クレム氏
・アントワープ港湾公社取締役会議長 マーク・ヴァン・ピール氏
・エッセンシア(化学工業団体)マネージングディレクター フランク・ベックス氏
・ズウェンドレヒト市長 アンドレ・ヴァン・ドゥ・ヴェイブル氏
・株式会社日本触媒 代表取締役社長 五嶋 祐治朗
・NSE社長 初田 卓己
(その他総勢約100名)

1. NSE社の概要
社名    : NIPPON SHOKUBAI EUROPE N.V.
設立    : 1999年2月
所在地   : ベルギー王国アントワープ州(本社および工場)
代表者名  : 社長 初田 卓己
資本金   : 193百万ユーロ
事業内容  : AAおよびSAPの製造・販売
従業員数  : 188名(2018年9月末現在)

2. 今回投資の内容
生産能力  : SAP 10 万トン / 年
(既存能力6 万トン/年と合わせて計16 万トン/年の生産能力となる)
AA 10 万トン / 年(新設)
時期    : 2018 年7 月商業運転開始
場所    : NSE 既存敷地内
設備投資等 : 約350 百万ユーロ

以上

【問い合わせ先】
株式会社日本触媒 経営企画室 IR・広報部
TEL:03-3506-7605  〒100-0011 東京都千代田区内幸町1-2-2

  • img1_0322SAPプラント
  • img2_0322アクリル酸プラント
  • img3_0322完工式の様子