HOME > R&D > 研究開発の組織

R&D

  • TechnoAmenity Stories
  • ストーリーでわかる!日本触媒
  • 会社・製造所案内 MOVIE
  • お問い合わせ 日本触媒への各種お問い合せはこちらから

研究開発の組織

日本触媒の研究開発組織は、テーマの早期事業化を推進する研究本部とテーマ創出と具体的な事業化に向けた出口戦略を推進する企画開発本部があります。また、事業部に属する各研究所では、顧客の皆様との関係をより重視した研究開発を行っています。

基盤技術研究所
合成技術や固体触媒技術、バイオ関連技術を駆使し、競争力の源泉となる独自原料や新規事業につながる革新的な化学品の創製に取組んでいます。また、最新の分析技術やコンピューターサイエンスを用いて全社の研究開発支援もおこなっています。
基盤技術研究所
  • 基幹化学品
  • 評価技術
触媒技術研究所
環境配慮型の化学品製造技術開発をめざし、各種ケミカル触媒、環境浄化用触媒の開発に加え、次世代触媒技術の創製にも注力しています。
触媒技術研究所
  • プロセス触媒・環境触媒
  • バイオマス・バイオ触媒
吸水性樹脂研究所
吸水性樹脂に関する基礎研究、新規製品・新規プロセスの開発、用途開発、技術サービスを一貫して行っています。当社コア事業の国際展開を技術面からサポートしています。
吸水性樹脂研究所
  • 吸水性樹脂
情報・機能性材料研究所
光学材料用ポリマー、機能性微粒子、特殊反応性ポリマーなどの機能性材料の開発を通して、 顧客の最先端ニーズに応えると共に、新たな情報・機能性材料分野の事業創出に尽力しています。
情報・機能性材料研究所
  • 光学フィルム用樹脂
  • レジスト材料
  • 各種微粒子材料