最新情報

  • TechnoAmenity Stories
  • ストーリーでわかる!日本触媒
  • 会社・製造所案内 MOVIE
  • お問い合わせ 日本触媒への各種お問い合せはこちらから

2019年

レナセラピューティクス株式会社の株式譲受(子会社化)のお知らせ

2019年11月22日ニュースリリース

株式会社日本触媒(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:五嶋祐治朗、以下「日本触媒」)は、レナセラピューティクス株式会社(本社:東京都千代田区、以下「レナセラピューティクス」)の株式の譲受(以下、本件取引)を2019年11月21日に完了し、子会社と致しましたので、下記の通りお知らせ致します。


1. レナセラピューティクスについて
レナセラピューティクスは、東京医科歯科大学横田隆徳教授と大阪大学小比賀聡教授らが開発したヘテロ2本鎖核酸技術(以下、HDO(注1)技術)を創薬基盤技術とし、核酸医薬(注2)を早期に実用化することを目指して設立された東京医科歯科大学発のベンチャー企業です。核酸医薬は、これまで治療が困難であった様々な疾患に対する次世代の医薬品として期待されていますが、投与後の血中安定性や副作用等の課題を有することが広く知られています。HDO技術は、DNAとRNAからなる2本鎖にDDS(注3)機能を発現するリガンド分子を結合させた構造(図1)を有しており、核酸医薬のこれらの課題を克服する革新的な技術と期待されています。HDO技術の高い可能性が認められ、レナセラピューティクスは2018年12月に核酸医薬開発の世界的なリーディングカンパニーであるIonis Pharmaceuticals,Inc.および国内製薬最大手の武田薬品工業株式会社と、HDO技術の非独占的ライセンス契約の締結を発表しました。なお、日本触媒は2017年6月にHDO技術の開発支援と両社の関係強化を図って同社へ出資を行っております。

2.本件取引の目的
日本触媒は、核酸、ペプチドといった中分子医薬およびDDSを重点領域として健康・医療事業に取り組んでいます。レナセラピューティクスを子会社化することにより核酸医薬のDDS技術の強化を図ります。日本触媒からレナセラピューティクスへの事業支援を積極的に実施し、レナセラピューティクス、東京医科歯科大学、大阪大学との連携を通じて、HDO技術の実用化を推進して参ります。日本触媒は、HDO核酸医薬の受託合成を担うことで、製薬企業等の顧客獲得を図り、原薬受託製造事業の拡大を目指します。

3. 本件取引の内容
(1) 株式譲渡の概要
日本触媒は、株式会社INCJおよび個人株主からレナセラピューティクスの株式を合計301,250株取得致しました。これにより、日本触媒の持株比率は本件取引前の26.7%から91.3%に増加し、レナセラピューティクスを子会社と致します。

譲渡人 : 譲受株式
株式会社INCJ : 221,250株(A種優先株200,000株、B種優先株21,250株)
複数個人株主 : 80,000株(普通株)

(2) 子会社化に伴う変更
レナセラピューティクスの取締役について、下記の通り異動が決定しております。
氏名     : 新         : 旧
登利屋 修一 : 代表取締役社長 : 社外取締役/日本触媒
岩本 祥一 : 取締役(新任) : 管理部長
堀本 眞吾 : 社外取締役(新任)/日本触媒 : ―
佐々木 潤 : 取締役(注4)    :代表取締役社長

4. レナセラピューティクス株式会社の概要
(1) 企業概要
@ 名称     レナセラピューティクス株式会社
A 所在地     東京都千代田区大手町一丁目9番2号
B 事業内容 核酸医薬品の研究開発、製造及び販売等
C 資本金     100百万円
D 設立年月日 2015年1月15日
E 発行済株式総数 466,666株
F 決算期     12月期
G 従業員数 10名(2019年10月末時点)
H ウェブサイト https://www.renatherapeutics.com/

(2) 当社との関係(本件取引前時点)
@ 資本関係 B種優先株式125,000株を保有しています。
A 人的関係 社外取締役を派遣しております。
B 取引等の関係 ありません。

5. 今後の見通し
 日本触媒は本件取引のシナジーを最大限に発揮し、患者様に1日も早く核酸医薬をお届けするため、創薬支援事業の確立・発展を目指して更なる取り組みを続けて参ります。

※1. Hetero Duplex Oligonucleotide の略称
※2. 核酸分子からなる医薬品。従来の低分子医薬や抗体医薬などでは創薬不可能であった分子標的のmRNAを阻害することで、癌や遺伝性疾患等の難治性疾患に対する革新的な次世代医薬品として期待されている
※3. Drug Delivery Systemの略称
※4. 2019年11月末に退任を予定


【問い合わせ先】
株式会社日本触媒 IR・広報部
:03-3506-7605  〒100-0011 東京都千代田区内幸町1-2-2

  • img1_0379図1.ヘテロ2本鎖核酸の構造図(レナセラピューティクス提供)