HOME > 製品情報 > 合成高分子ワックス

製品情報

  • TechnoAmenity Stories
  • ストーリーでわかる!日本触媒
  • 会社・製造所案内 MOVIE
  • お問い合わせ 日本触媒への各種お問い合せはこちらから

合成高分子ワックス

製品名 合成高分子ワックス

固形タイプ(ST100)

ST100は当社独自の重合技術により開発したアクリル系ポリマーで、一般的なワックスの特性に加え下記のような特長を備えた高分子量の白色固形のポリマーです。

ST100は従来の一般的なワックスに比べて極めて高い分子量を有しながらも、シャープな熱溶融特性を備え、また、芳香族や脂肪族系溶剤に対して高い溶解性を示すこと等を特長としております。

特長

性状

項 目 測定値 測定条件
外観
比重
線膨張率
針入度
熱軟化温度
TMA(℃)
DSC(℃)
溶融潜熱(J/g)
溶融粘度(mPa・s)
熱分解温度(℃)
白色固定
0.968
1.90×10-4
3

50
46
101
1000
370

25℃

JIS K-2235(荷重 100g×5sec)

荷重10kg/cm2,昇温 5℃/min
昇温 10℃/min
DSC(10℃/min)
B型粘度計,30rpm,100℃
熱重量測定,N2中,昇温 10℃/min
* 上記数値は規格値ではありません。

エマルションタイプ(ST200)

ST200は当社独自の重合技術により開発した混和安定性に優れたアクリル系ワックスエマルションで従来のワックスエマルションと同様の使い方ができます。
ST200を乾燥して得られるポリマーは基本的にはST100と類似の性質を有し、溶剤に対する親和性の良さや粘着感の無い硬質タイプのワックス性状等を特長としております。
また、ST200のポリマーはST100同様シャープな熱応答性を示しますが、非常に高分子量のため、熱または溶剤による溶融溶解状態は透明ゲル状であり大きな流動性は示しません。

特長

性状

項 目 測定値 測定条件
外観
イオン性
不揮発分(%)
粘度(mPa・s)
比重
pH
平均粒子径(nm)
最低成膜温度(℃)
乳白色水分散体
アニオン
40±2
100以下
0.99
8±1
150-250
56±1


110℃×60分乾燥
B型粘度計、30rpm、25℃
浮きばかり
25℃
光散乱式粒度分布測定装置
温度勾配試験機
*上記数値は規格値ではありません。

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。