HOME > 製品情報 > リチウムイオン電池用電解質 / 帯電防止剤 "LiFSI"(イオネル®)

製品情報

  • TechnoAmenity Stories
  • ストーリーでわかる!日本触媒
  • 会社・製造所案内 MOVIE
  • お問い合わせ 日本触媒への各種お問い合せはこちらから

リチウムイオン電池用電解質 / 帯電防止剤 "LiFSI"(イオネル®)

帯電防止剤用途についてはこちら

リチウムイオン電池用電解質

製品名 イオネル® LF-101
一般名称リチウム ビス(フルオロスルホニル)イミド"LiFSI"
イオネル®について

イオネル®は、リチウムイオン電池用電解質として使用されるLiFSIです。日本触媒は独自の合成・精製方法により、2013年に世界で初めてLiFSIの工業的生産プロセスを開発しました。
現在の生産能力300MT/年に加え、2023年には2000MT/年の設備増強、その後のさらなる生産能力増強にも取り組んでおり、継続的な安定供給が可能です。
イオネル®は高純度で溶媒や副生物が少なく、安定した電気化学特性を示します。これまでに国内外で多くのリチウムイオン電池電解質として採用・認証実績があり、その用途は車載、民生、定置と多岐に及びます。
また、これまでにリチウムイオン電池用途に適した出願を国内外に行い、多数の特許権利を所有しております。世界主要各国への法規対応、知財権利取得済みであり、安心してご使用いただけます。

イオネルの特許権利についてはこちら

特長
リチウムイオン電池の主電解質塩として様々な検討が行われており、
  • 寿命特性寿命特性評価例はこちら
  • 低温時の放電特性、入出力特性低温特性評価例はこちら
  • 高温時の保存特性高温特性評価例はこちら

等の改善効果が確認されております。

また、添加剤として使用した際にも同様の効果が得られます。

用途
  • リチウムイオン二次電池用主電解質
  • リチウムイオン二次電池用添加剤(副電解質)
  • リチウム一次電池用電解質
  • その他電気化学デバイス用電解質
基本物性、性状
分子量/187(g/mol)
CAS番号/171611-11-3
外観/白色粉末
純度/99.9%以上
融点/140℃
熱分解温度/300℃以上
溶解性/DMC、EMCに50wt%以上溶解
寿命特性

高温寿命特性が改善します。
これにより高温でも容量低下の少ない電池設計が可能になり、製品の長寿命化に貢献します。

【評価条件】
正極:NMC
負極:黒鉛
温度:45℃
低温特性

イオネル®を用いることにより低温放電特性が向上します。
これにより低温でも容量低下の少ない電池設計が可能になります。

【評価条件】
正極:NMC
負極:黒鉛
温度:-20℃
低温入出力特性

イオネル®を用いることにより低温での入出力特性が改善し、抵抗低減に効果を示します。
これにより低温時にもデンドライト生成の無い安全で自由度の高い電池設計が可能となります。

【評価条件】
正極:NMC
負極:黒鉛
SOC:50%
測定温度:-20℃
外部評価機関(リチウムイオン電池材料評価研究センター(LIBTEC))で測定
高温保存特性

高温保存時の容量維持率が向上します。
これにより高温でも容量低下の少ない電池設計が可能になります。

【評価条件】
正極:NMC
負極:黒鉛
SOC:100%
温度:60℃
おしらせ
  • イオネルの特許権利について イオネルの特許権利についてはこちら

お問い合わせ・サンプルのご要望はこちら

帯電防止剤

製品名 イオネル® LF-101
一般名称リチウム ビス(フルオロスルホニル)イミド"LiFSI"
特長
  • 少量添加で良好な帯電防止能を発揮します
  • 表面抵抗率を低減します
  • 湿度の影響を受けにくくなります
  • 熱安定性が高い電解質です
  • 溶媒(例えば、水、酢酸エチル、酢酸ブチル)、樹脂への溶解性が高い電解質です
用途
  • 帯電防止剤

リチウムイオン電池用電解質用途についてはこちら

帯電防止能

少量添加で良好な帯電防止能を発揮します。

【評価条件】
LiFSIをPEG含有アクリル系粘着剤に添加
23℃、ドライ雰囲気下にて表面抵抗率を測定した
性状

外観/白色粉末
純度/99.9%以上
融点/140℃
熱分解温度/300℃以上
溶解性/水、酢酸エチル、酢酸ブチルに40%以上溶解

お問い合わせ・サンプルのご要望はこちら