HOME > R&D > 研究開発の組織

R&D

  • TechnoAmenity Stories
  • ストーリーでわかる!日本触媒
  • 会社・製造所案内 MOVIE
  • お問い合わせ 日本触媒への各種お問い合せはこちらから

研究開発の組織

日本触媒の研究開発としては、新規事業の創出を推進する事業創出本部、既存事業の強化およびその周辺領域への拡大を進める各事業部の研究部に加え、創薬支援事業の確立を推進する健康・医療事業開発室に中分子研究グループを設置しております。また、生産に適したプロセスを設計・開発することにより製品化を加速する生産技術センターを擁しております。

研究センター
当社がターゲットとする重点分野・領域において、次のコア事業となりうる新しい事業の創出を目指し、要素技術の獲得と次世代材料の創製に取り組んでいます。
データサイエンス&インフォマティクス推進室
情報技術と化学的な専門知識を融合することで、材料研究や生産におけるデータ駆動型の意思決定を支援しています。また持続的な競争力強化のために、インフォマティクス基盤の構築と組織的なデータリテラシーの深耕にも取り組んでいます。
化粧品事業室 研究グループ
スキンケア及びその周辺領域をコアターゲットとし、当社保有の素材・技術を活用した化粧品用多機能素材を開発しています。独自素材に加え、外部提携を通して獲得した天然素材や加工技術、さらに処方開発や効果効能評価を組合せ、ストーリー性のある「提案型化粧品事業」を目指しています。
吸水性樹脂研究部
吸水性樹脂に関する基礎研究、新規製品・新規プロセスの開発、用途開発、技術サービスを一貫して行っています。当社コア事業の国際展開を技術面からサポートしています。
エナジー研究部
リチウム二次電池材料、燃料電池材料等の新エネルギー関連材料、および脱硝触媒、ダイオキシン分解触媒等の環境浄化用触媒の研究開発に取組んでいます。
生産技術センター
ベンチスケール実験やパイロットプラントによる実験、プラント設計や経済評価などプロセス工学を駆使、新規生産技術の確立を目指し幅広く活動しています。