HOME > 製品情報 > 生分解性キレート剤 (HIDS®)

製品情報

  • TechnoAmenity Stories
  • ストーリーでわかる!日本触媒
  • 会社・製造所案内 MOVIE
  • お問い合わせ 日本触媒への各種お問い合せはこちらから

生分解性キレート剤 (HIDS®)

製品名 生分解性キレート剤 (HIDS®)
一般名称 3-ヒドロキシ-2,2'-イミノジコハク酸4ナトリウム
構造式 構造
化学式 C8H7NO9・4Na
CAS No. 190195-65-4
分子量 353.1
外観及び主な性状 外観:淡黄色液体
製品形態:50w%水溶液
pH:10±1(25℃)
比重:1.40〜1.60(20℃)
※仕様に関して予告なく変更する場合がございます。
用途 衣料洗浄剤、業務・工業用洗浄剤、繊維処理剤、漂白助剤、水処理剤、写真薬剤、紙・パルプ用添加剤、鋼板洗浄剤、半導体洗浄剤、アルミケース沈着防止(アルミエッチング)、メッキ前処理剤(脱脂剤、脱錆剤)、土壌改質剤、化粧品原料等

生分解性キレート剤 (HIDS®)の特長

生分解性キレート剤 (HIDS®)の機能の概要

■酸解離定数とキレート安定度定数
酸解離定数 pKa1:2.83
pKa2:3.56
pKa3:5.15
pKa4:9.11
安定度定数 pKaCa2+:4.8
pKaFe3+:12.5
C.V.値 300mg CaCO3/g

■Fe3+キレート能

生分解性キレート剤 (HIDS®)は広いpH範囲にわたって種々の金属イオンと安定な水溶性錯体を形成します。特にアルカリ性溶液におけるFe3+キレート能に優れています。

試験液 キレート剤 0.01M
Fe3+  0.01M
温度 室温
試験方法 試験液を室温で7日間放置したのち、沈殿物(Feの水和物)をフィルターろ過して除去し、ろ液中のFe3+濃度を測定した。

グラフ
(*)Fe3+安定度:仕込みFe3+に対して試験終了後に水溶液中に均一分散しているFe3+の割合

■熱安定性およびpH安定性

キレート剤は広範な用途で使用されるため過酷な環境に曝されるケースがありますが、生分解性キレート剤 (HIDS®)は高温かつpH4〜13の範囲において安定です。

試験液 生分解性キレート剤 (HIDS®) 10%
温度 80℃
試験方法 試験液を80度に保ち、一定時間ごとにサンプリングし、残存生分解性キレート剤 (HIDS®)を液体クロマトグラフィーで定量した。

グラフ

■アルカリ水溶液への溶解度

生分解性キレート剤 (HIDS®)はアルカリ水溶液に対して溶解性が高い性質を持っています。
特に高濃度アルカリ水溶液に可溶化剤の添付なしで生分解性キレート剤 (HIDS®)を配合することが期待できます。

温度 0℃

グラフ

■水不溶性カルシウム塩溶解能

生分解性キレート剤 (HIDS®)はスケールの主成分である、水不溶性カルシウム塩を溶解させることができます。
タンクや配管などに生じたスケールの除去や、スケール生成の抑制に効果的です。

試験液 水不溶性カルシウム化合物 0.6%
キレート剤 0.2%
NaOH 3%
温度 80℃
試験方法 試験液を80℃で1時間攪拌したのち、溶解したCa2を定量した。

グラフ

(*)カルシウム塩溶解能:仕込みカルシウム化合物に対する溶解したCa2(Ca塩換算)

■ガラスの腐食性

生分解性キレート剤 (HIDS®)は他のキレート剤に比べてガラスに対する腐食性が低い性質を持っています。

試験液 NaOH 10%
キレート剤 3%
試験片 スライドガラス
温度 100℃
試験方法 試験液に試験片を入れて100℃に保ち、3日後に試験片を抜き出して水洗した。
腐食評価は単位面積当たりの重量変化により行った。

グラフ

環境影響

生分解性 良分解(*1)
魚毒性 LC50 ≧2,000ppm以上(ヒメダカ96hr)(*1)

安全性

急性毒性 経口毒性 LD50>2,000mg/kg(*1)
局所効果 皮膚一次刺激性なし
(Pll=0.4(45wt%)、Pll=0(35wt%)、Pll=0(10wt%)、Pll=0(89wt% , powder))(*1)
眼一次刺激性なし(*1)
感作性 感作性なし(*1)
Ames試験 陰性(*1)
(*1)株式会社日本触媒より外部試験機関に依頼し測定した測定値

規制法令

化審法 (2)-3803
安衛法 2-(4)-945
TSCA 収載
取り扱いの注意

保護具

眼の保護具
:保護眼鏡、ゴーグル、プラスチック製顔面シールド
手の保護具
:保護手袋
皮膚及び身体の保護具
:保護衣、保護靴

上記データ類は、SDS(HPJ-1521-00-01)からの抜粋です。
本開発品の安全上の内容は、化学品安全データシート(SDS :HPJ-1521-00-00)に記載しておりますので、弊社お問い合わせ先にご請求の上、ご確認ください。

期待される用途例

衣料洗浄剤、業務・工業用洗浄剤、繊維処理剤、漂白助剤、水処理剤、写真薬剤、紙・パルプ用添加剤、鋼板洗浄剤、半導体洗浄剤、アルミケース沈着防止(アルミエッチング)、メッキ前処理剤(脱脂剤、脱錆剤)、土壌改質剤、化粧品原料等への応用が期待されます。

当該用途についての法的規制、業界自主基準などへの遵守や適正な使用方法は、お客様が調査の上、適用をお願いいたします。

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。