HOME > 製品情報 > ポリビニルピロリドン

製品情報

  • TechnoAmenity Stories
  • ストーリーでわかる!日本触媒
  • 会社・製造所案内 MOVIE
  • お問い合わせ 日本触媒への各種お問い合せはこちらから

ポリビニルピロリドン

製品名 ポリビニルピロリドン
構造式 ポリビニルピロリドン 構造図
CAS No. 9003-39-8
化審法番号 (6)-1048
安衛法番号 化審法番号準用

製品概要

ポリビニルピロリドンは非イオン性の水溶性ポリマーで、以下のような種々の特長を有しますので、幅広い様々な用途・分野への適用が可能です。

製品グレード

代表性状値

■粉体製品

品名 ポリビニルピロリドン K−30 ポリビニルピロリドン K−85 ポリビニルピロリドン K−90
外観 白色粉体 白色粉体 白色粉体
K値※1 27.0〜33.0 84.0〜88.0 88.0〜96.0
固形分,wt% ≧95.0 ≧95.0 ≧95.0
水分,wt%<5.0 <5.0 <5.0
残存モノマー
(NVP),ppm
<100 <100 <100
pH※2 3.0〜7.0 5.0〜9.0 5.0〜9.0

■水溶液製品

品名 ポリビニルピロリドン K−30W ポリビニルピロリドン K−85W ポリビニルピロリドン K−90W
外観 透明粘稠液体 透明粘稠液体 透明粘稠液体
K値※1 27.0〜33.0 86.0〜90.0 90.0〜103.0
固形分,wt% 29.0〜31.0 , 49.0〜51.0 19.0〜21.0 19.0〜21.0
残存モノマー
(NVP),ppm
<100 <100 <100
pH※2 5.0〜9.0 5.0〜9.0 5.0〜9.0
※記載の内容は保証値ではありません。
※1:K値は分子量と相関する粘性特性値で、毛細管粘度計により測定される相対粘度値(25℃)を下記のFikentscherの式に適用して計算されます。
K=(1.5 logηrel −1)/(0.15+0.003c)+(300clogηrel +(c+1.5clogηrel21/2/(0.15c+0.003c2
ηrel : ポリビニルピロリドン水溶液の水に対する相対粘度
c : ポリビニルピロリドン水溶液中のポリビニルピロリドン濃度(%)

※2:10%水溶液の値

用途例

用途分野 PVPの特長
接着剤 感圧接着剤
再湿潤接着剤
食品包装(非接触)
ガラス、金属、プラスチックスに良く接着する。
高い初期タック、強度、硬度を与える。
水、有機溶剤から塗膜を作れる。
耐グリース性がある。
熱可塑樹脂の軟化点を上げる。
セラミック バインダー 焼成で完全に燃焼し、最終製品に影響しない。
無機物質との親和性が高い。
繊維・テキスタイル 顔料分散剤
汚れ防止剤
均染、抜染
サイジング剤
合成繊維主鎖にグラフト重合できる。
染料・顔料との親和性に優れる。
帯電防止性がある。
写真・印刷 エッチング用コート剤
カブリ防止
ジアゾ化合物、重クロム酸、銀エマルションに対して水溶性・光硬化性のコロイドとなる。
非チキソ性
  汚れやピッチの滑り、再付着を防止。
顔料、無機繊維、フレークの分散
洗剤 バインダー 再汚染防止
易水溶性
重合 保護コロイド
分散剤
均一な粒径、優れた強度を与える。
後重合で染色性、ラッテクスの安定性を与える。
パーソナルケア セット剤
増粘剤
湿潤剤
高密着性、易水溶性
泡安定性
親水性

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。