HOME > 会社情報 > 沿革

会社情報

企業プロフィール

経営方針

生産拠点・グループ会社

  • TechnoAmenity Stories
  • ストーリーでわかる!日本触媒
  • 会社・製造所案内 MOVIE
  • お問い合わせ 日本触媒への各種お問い合せはこちらから

沿革

技術開発の歴史はこちら→

1941
  • ヲサメ合成化学工業株式会社設立
1943
  • 吹田工場開設
1949
  • 社名を「日本触媒化学工業株式会社」に改称
1950
  • 東京出張所(現 東京本社)開設
1952
  • 大阪証券取引所市場第1部に上場
1956
  • 尼崎工場開設
  • 東京証券取引所市場第1部に上場
1959
  • 川崎工場(現 川崎製造所千鳥工場)開設
1960
  • 姫路工場(現 姫路製造所)開設
1961
  • 本社を大阪市東区(現 中央区)高麗橋へ移転
1967
  • 川崎第ニ工場(現 川崎製造所浮島工場)開設
1968
  • 米Ashland Oil Inc.と合弁会社
    「日触アロー化学(株)」設立
1969
  • 米Schenectady Chemicals社と合弁会社
    「日触スケネクタディ化学(株)」設立
1970
  • 尼崎工場閉鎖
1971
  • 東洋インキ製造(株)と合弁会社
    「日本ポリマー工業(株)」設立
1982
  • 住友化学工業(株)と合弁会社
    「日本メタアクリルモノマー(有)」設立
1988
  • 米テネシー州に
    「NA Industries, Inc. (現 Nippon Shokubai America Industries, Inc.)」設立
  • 三田工場開設
  • 筑波研究所新設
1990
  • 独に「NIPPON SHOKUBAI GmbH」設立
  • 独BASF社と合弁会社
    「ULTRASORB Chemikalien GmbH」設立
  • 大分県に新工場用地取得
1991
  • 韓国Lucky Corp.、住友化学工業(株)と合弁会社
    「Lucky MMA Corp. (現 LX MMA Corp.)」設立
  • 社名を「株式会社日本触媒」に改称
1992
  • 米Degusa Corporationと合弁会社
    「INTERNATIONAL CATALYST TECHNOLOGY, INC.」、
    デグサジャパン(株)と合弁会社
    「(株)アイシーティー」設立
1994
  • 「(有)エヌ・エス・グリーン」設立
1996
  • インドネシアにToriporita Corporation、(株)トーメンと合弁会社
    「PT. Nisshoku Tripolyta Acrylindo」設立
  • 三田工場閉鎖
1997
  • 米にElf Atokem North Americaと合弁会社
    「American Acryl NA, LLC」「American Acryl L.P.」設立
1998
  • シンガポールに「NIPPON SHOKUBAI (ASIA) PTE.LTD.」設立
  • 「日触アロー化学(株)」を吸収合併
1999
  • ベルギーに「NIPPON SHOKUBAI EUROPE N.V.」設立
  • 「ULTRASORB Chemikalien GmbH」を子会社化
2000
  • 「ULTRASORB Chemikalien GmbH」が「NIPPON SHOKUBAI GmbH」を吸収合併
  • インドネシアの「PT. Nisshoku Tripolyta Acrylindo」を子会社化、
    社名を「PT. NIPPON SHOKUBAI INDONESIA」に改称
2002
  • 住友化学工業(株)との事業交換によるアクリル酸事業の譲受け(愛媛工場開設)、MMAモノマー事業の譲渡
  • 「ULTRASORB Chemikalien GmbH」の事業を「NIPPON SHOKUBAI EUROPE N.V.」に移管
  • 第一工業製薬(株)と合弁会社「(株)ソリオン」設立
2003
  • 三井武田ケミカル(株)と合弁会社
    「ジャパンコンポジット(株)」設立
  • 中国に「NISSHOKU CHEMICAL INDUSTRY CO., LTD.(日触化工(張家港)有限公司)」設立
  • 「大光海運(株)」が「日触物流(株)」に改称
2004
  • 住友化学工業(株)のシンガポールアクリル酸事業を譲受け
    (「SINGAPORE ACRYLIC PTE LTD」、「SINGAPORE GLACIAL ACRYLIC PTE.LTD.」取得)
  • 上海事務所開設
2007
  • 韓国事務所開設
  • 中国に「NISSHOKU TRADING(Shanghai) CO., LTD.(日触商貿(上海)有限公司)」設立
  • 愛媛工場閉鎖
2008
  • 日本乳化剤株式会社およびSINO-JAPAN CHEMICAL CO., LTD.(中日合成化学股分有限公司)の株式取得による子会社化
  • 台北事務所開設
2009
  • 上海事務所閉鎖
2012
  • 台北事務所閉鎖
2013
  • 「NIPPON SHOKUBAI (ASIA) PTE.LTD.」が「SINGAPORE GLACIAL ACRYLIC PTE. LTD.」を吸収合併
2015
  • 吹田工場閉鎖、同地区は研究開発拠点となる
  • 韓国事務所を現地法人化し、「Nippon Shokubai Korea Co., Ltd.」設立
2017
  • 筑波地区研究所閉鎖
  • 「Sirrus, Inc.」の子会社化
2019
  • 「レナセラピューティクス株式会社」の子会社化

技術開発の歴史はこちら→