用途

アンチブロッキング剤/滑り性向上剤

当社微粒子は、プラスチックフィルムのアンチブロッキング剤/滑り性向上剤として、様々なプラスチック材料で使用されています。

「エポスター®MVシリーズ」は、一般的にプラスチック材料に練り込まれて使用されています。
高い耐熱性を有するため、練り込み時の加熱による着色を防止することができます。また、フィルムの厚みに応じて粒子径の調整ができ、無機シリカ粒子と比べて各フィルムへの傷付き性が低いため、フィルムの透明性を低下させないことが特長です。
各フィルム樹脂への親和性を高めるために微粒子表面を改質することも可能です。

フィルム断面図

シーホスター®KE-Pシリーズも、上記エポスター®MVシリーズ同様にプラスチック材料との練り込みで使用されています。一方、エチレングリコール分散体のKE-EシリーズはPET樹脂を製造する工程で使用することが可能ですので、より簡易に良好な分散性を備えたPET樹脂を製造できます。

この他「エポスター®MXシリーズ」「シーホスター®KE-Wシリーズ」も水分散体の特長を活かし、コーティングによりフィルム表面に滑り性を付与する等、各種フィルム特性に合せてご使用頂けます。

ご要望に応じて、粒子径、屈折率の調整や、耐溶剤性、耐熱性を向上させることも可能ですのでお問い合わせください。

フィルム製造工程における微粒子の使用例

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。

日本触媒ホームページトップへ