製品シリーズ

日本触媒の微粒子製品一覧へ

エポスター®MA2003

エポスター®MA2003は、当社が独自の技術で開発した平均粒子径3μmのアクリル-スチレン系架橋物の真球状微粒子です。
耐熱性、耐溶剤性、分散性に優れ、各種フィルムの光拡散剤用途で高い評価を得ています。

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。

特長

1)光拡散性能に優れています。

2)ポリオレフィン等の樹脂や溶媒に対して分散性が良好です。

用途例

光学フィルム用光拡散剤

組成

アクリル-スチレン系架橋物


製品代表物性一覧

アクリル−スチレン系微粒子
タイプ平均粒子径
(μm)
屈折率真比重
MA200331.561.2
SEM写真(MA2003)
粒度分布図(MA2003)

耐熱性データ

製品名熱重量減少量(%)熱分解温度(℃)
100℃200℃
MA2003-0.6-2.0284
測定方法
(1) 熱重量減少量(%)
100℃における重量を基準とした規定温度到達時の重量減少量。
(2) 熱分解温度
微粒子を徐々に加熱した際に顕著な重量減少が起こり始める温度。

※お取り扱いの際には必ず化学品安全データシート(SDS)をご参照ください。

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。

日本触媒ホームページトップへ