HOME > 製品情報 > ポリエチレンイミン(エポミン®)概要

製品情報

  • TechnoAmenity Stories
  • ストーリーでわかる!日本触媒
  • 会社・製造所案内 MOVIE
  • お問い合わせ 日本触媒への各種お問い合せはこちらから

ポリエチレンイミン(エポミン®)概要

bar

製品名 エポミン®、EPOMIN®
一般名称 ポリエチレンイミン、Polyethyleneimine
用途 紙・布・OPP・PETフィルムのラミネートアンカー剤、重金属キレート剤、金属メッキ用添加剤、消火器用泡保持剤、固定化酵素、接着剤(塩ビゾル凝集剤、エポキシ樹脂架橋剤)、インク密着向上、水処理(凝結剤)

エポミン®はエチレンイミンを重合した水溶性ポリマーです。
完全な線状高分子でなく、1級、2級、3級アミンを含む分岐構造を有するポリマーで以下の特長があります。

エポミン®の製法

化学式

エポミン®の品番と規格

エポミン®には、分子量の異なる8タイプ(開発品含む)が有ります。高分子量タイプのみ水希釈されています。

品番 SP-003 SP-006 SP-012 SP-018 SP-200 HM-2000 P-1000 P-3000
(開発品)
分子量 300 600 1,200 1,800 10,000 30,000 70,000 100,000
製品
規格
樹脂分
(wt%)
98以上 98以上 98以上 98以上 98以上 93.0〜95.0 30±1 約35
粘度
(mPa・s-25℃)
200〜500 500〜2,500 3,500〜7,500 8,500〜15,000 40,000〜150,000 5,000〜
15,000
(50%水溶液)
400〜900 約1,300
pH
(5%水溶液)
10〜12
外観 淡黄色透明液体 透明粘稠液体

エポミン®・ポリメント®・ケミタイト® [1245 KB]


エポミン®の機能と用途

1.エポミン®の機能

2.エポミン®の用途

分野 用途 奨推番品 特徴
製紙・
紙加工分野
抄紙薬剤中性サイズ剤 P-1000 アニオン荷電物質を中和し定着効果、歩留向上、ピッチコントロール、白水浄化を発揮、ケテンダイマーの分散・定着化促進
接着・
粘着分野
粘着剤 SP-200
P-1000
粘着剤に配合し凝集力(接着保持力)を向上
PVCゾル接着剤 SP-018
SP-200
PVCに配合し基材への密着性を向上
水溶性接着剤 SP-200
P-1000
EVA、酢ビ、PVA、アクリル系接着剤に配合し、密着性を向上
押出ラミネー卜用
アンカーコート剤
P-1000 紙、OPP、PETフィルム/PE押出ラミネートの接着促進
ガスバリア用
アンカーコート剤
P-1000 PVA、EVOH/オレフィンフィルムの接着促進
剥離剤 RP-20 粘着テープの背面処理
塗料・
インキ分野
フィルム用アルコール系インク
(ポリビニルブチラール系インク)
SP-200 インクに配合しフィルムとの密着性向上
水系塗料インク
(アクリル系エマルション)
SP-012
SP-018
アクリル系エマルションに配合し速乾性、密着性、耐水性を発揮
繊維分野 固着剤 P-1000 洗濯堅牢性、染色性を向上
機能性繊維 P-1000 繊維にタバコ臭等の消臭機能付与
タイヤコード P-1000 各種コード/ゴムの密着性向上
ガラス繊維サイズ剤 P-1000 ガラス繊維に潤滑性を付与
難燃剤 P-1000 リン系難燃剤を固定化し難燃性を向上
水浄化分野 液体浄化剤 P-1000 アルデヒド水の無害化、漂白性塩素除去
凝結剤 P-1000 表面荷電を中和し、容易に粒子間を凝集・分離、汚泥の脱水率向上、工マルション破壊
菌体凝集分離剤 P-1000 菌体表面荷電を中和し、菌体を凝集・分離
キレート化剤 P-1000 重金属イオンの除去
気体浄化分野 空気浄化剤 P-1000 フィルタ一等に担持し気体中のCO2、NOx、SOx、CI2、アルデヒドを吸着
分散分野 分散剤 SP-012 セラミック・カーボンブラック・石炭・セメント・金属粉末・顔料等を分散安定化し、基材への密着性を付与
メッキ・金属
表面処理分野
メッキ浴薬剤
無電解メッキ薬
SP-006 Znメッキ用として光沢性、平滑性を付与
酸洗用腐食抑制剤
一次防錆剤
P-1000 金属に吸着し、酸による素地腐食を抑制
バイオ分野 固定化酵素微生物固定担体 P-1000 不活性基材に酵素を固定化しバイオプロセスに利用、不活性基材に菌体を国定し、水浄化に利用
石油 石油エマルション破壊剤
フルイドロス剤
P-1000 表面荷電を中和し、粒子間を凝集・分離、坑井用セメントスラリー用フルイドロス剤
抗菌・
防腐分野
抗菌・除菌性ポリマー P-1000 Ag、Cuをキレート化した錯体は抗菌効果発揮
木材保存剤、
切花保存剤
SP-018 Cuをキレート化した錯体は木材に対し浸透性、金属保持性を発揮
その他 泡消火剤 P-1000 泡保持性向上により油火災に有効
マイクロカプセル化剤 P-1000 高反応性を利用してマイクロカプセル皮膜を形成
電子・導電材料 SPシリーズ
P-1000
固体電解質、半導体の研磨材、レジスト・パターン化剤、レジスト洗浄

エポミン®の食品分野及び取扱い上の注意

エポミン®の食品分野での注意

1)接着分野: Part 175(間接食品添加物:接着剤及び塗料成分)
・175.105: 接着剤(食品包装用のラミネーション、シーリング)
・175.320: ポリオレフィンフィルムに対する樹脂コーティング及びポリマーコーティング
2)板紙分野: Part 176(間接食品添加物:紙及び板紙の成分)
・176.170: 水性及び脂肪性食品と接触する紙及び板紙の成分(使用量は5wt%以下)
・176.180: 乾燥食品と接触する紙及び板紙の成分(使用量は5wt%以下)
3)食品包装分野: Part 177(間接食品添加物:ポリマー)
・177.1200: 食品包装セロハン
(ポリエチレンイミンはセロハンの1成分として認められている)
・1777.1400: 非水溶性ヒドロキシエチルセルロースフィルム
(ポリエチレンイミンはヒドロキシエチルセルロースフィルムの1成分として認められている)
4)酵素分野: Part 173(ヒト摂取の食品に許可されている2次直接食品添加物
・173.357: 酵素製剤の固定化に用いる固定化剤

エポミン®の取扱い上の注意

1 貯蔵安定性 (SPシリーズ)
冷暗所に保管した場合、約1年間は安定ですが、空気(酸素)と接触すると着色、表面の 膜張り等品質が悪化することがあります。
吸湿性が強く、また空気中の炭酸ガスを吸収しますので、注意してください。
    (P-1000)
冷暗所に保管した場合、約1年間は安定ですが、空気(酸素)と接触すると着色等品質が悪化することがあります。
空気中の炭酸ガスを吸収しますので、注意してください。
2 容器の加熱
弊社より出荷致しますエポミンの石油缶及びドラム缶は合成樹脂のコーティングをしていますので、高温(80℃以上)で長時間加熱しますとコーティング皮膜が剥離し製品が着色することがあります。もし製品容器を加熱する場合には、80℃以下の温水を使用してください。
尚、大気開放下では、より一層に着色を促進します。
3 適用材質 ■適する材質
ステンレス鋼
合成樹脂(塩ビ、ポリエチレン、ポリプロピレン等)
■適さない材質
軟鋼等の鉄材…錆のため着色します。特に水溶液下では鉄錆が、エポミンを硬化させる性質を有します。
銅及び黄銅等の銅を含む合金…エポミンと反応して、青緑色の錯塩を生成します。
4 保管
直射日光、雨を避けてください。
不浸透性の床面の場所で保管してください。
使用後は再び密閉下で保管してください。
できるだけ冷暗所で保管してください。

お取り扱いの際には必ず化学品安全データシート(SDS)をご参照ください。

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。


bar