最新情報

  • TechnoAmenity Stories
  • ストーリーでわかる!日本触媒
  • 会社・製造所案内 MOVIE
  • お問い合わせ 日本触媒への各種お問い合せはこちらから

2012年

中国子会社 日触化工(張家港)有限公司における 高吸水性樹脂設備増強のお知らせ

2012年1月31日ニュースリリース

当社は、中華人民共和国(以下中国という)にある子会社、日触化工(張家港)
有限公司[NISSHOKU CHEMICAL INDUSTRY(ZHANGJIAGANG)CO.,LTD.(以下NSC
という)]での高吸水性樹脂(以下SAPという)製造設備を増強することについて、
下記の通りお知らせいたします。



1. 背景および投資目的
当社のコア事業のひとつであるSAPは、紙おむつの原料として堅調な需要の伸びを
示しております。昨年3月には、新興国市場における需要拡大に対応するため、
インドネシア子会社PT.NIPPON SHOKUBAI INDONESIAでの年産9万トンの事業化、
およびその主原料であるアクリル酸(以下AAという)年産8万トン増設(ともに2013年
8月稼働予定)を決定いたしました。SAPの需要は、昨今の不安定な経済情勢にも
かかわらず、今後も堅調な伸びが見込まれ、2013年のインドネシア稼動後も供給能力
の不足が予想されます。そこで当社は、さらなるSAP生産能力増強を検討し、今般、
需要の増加が著しい中国において、既存子会社NSCでのSAP増設を決定いたしました。
これにより、本投資後の当社グループのSAP年間生産能力は世界合計で59万トン
(国内32万トン、海外27万トン)となり、トップサプライヤーとしての地位を
より強固にしてまいります。

2.投資の内容
生産能力 ――― SAP 3万トン / 年
(既存能力3万トンと合わせて 計6万トンの生産能力となる)
時期 ――― 2014年3月末完工、同年7月商業運転開始
場所 ――― NSC既存敷地内
設備投資等 ――― 約56百万米ドル(付帯設備等含む)

3.NSCの概要
社名 日触化工(張家港)有限公司
(*)英文表記:NISSHOKU CHEMICAL INDUSTRY (ZHANGJIAGANG) Co., Ltd.
所在地 中華人民共和国江蘇省張家港市(本社および工場)
代表者名 総経理 梶井克規(Katsunori Kajii)
設立 2003年4月資本金 48.2百万米ドル(払込資本金) 当社100%出資
事業内容 SAPおよびコンクリート混和剤用ポリマーの製造・販売
従業員数 100名(2011年12月末現在)

4.業績に与える影響
今年度の業績予想には何ら影響を与えるものではありませんが、2014年度以降、
上記設備を有効に活用し、収益拡大を図ってまいります。

以上