HOME > CSR活動 > レスポンシブル・ケア活動 > RC活動の取り組み

CSR活動

  • TechnoAmenity Stories
  • ストーリーでわかる!日本触媒
  • 会社・製造所案内 MOVIE
  • お問い合わせ 日本触媒への各種お問い合せはこちらから

レスポンシブル・ケア活動


RC世界憲章(2014年改訂版)に社長が署名

化学工業界では、化学物質を扱うそれぞれの企業が化学物質の開発から製造、物流、使用、最終消費を経て廃棄・リサイクルに至る全ての過程において、自主的に「環境・安全・健康」を確保し、活動の成果を公表し社会との対話・コミュニケーションを行う活動を展開しています。この活動を『レスポンシブル・ケア(RC)』と呼んでいます。国際化学工業協会協議会(ICCA)が2006年にRC世界憲章を策定、2014年に改訂し国際的に活動を推進しています。
当社は、1995年、日本レスポンシブル・ケア協議会(現(一社)日本化学工業協会レスポンシブル・ケア委員会)発足と同時に参加し、環境保全、保安防災、労働安全衛生、化学品安全、品質、社会とのコミュニケーションを柱とするRC活動を積極的に推進してきました。
今後もグループ全体のRC活動を通じて社会に貢献し、企業の社会的責任を果たすように努めていきます。

RC活動の取り組み

RC基本方針

日本触媒グループ企業理念・経営理念、社是および日本触媒企業行動憲章の実践のために、環境保護に寄与する技術、製品を提供し、社会に貢献することを当社の重要な経営施策と位置づけるとともに、「持続可能な開発」(Sustainable Development)という原則のもとに、地球規模での環境保全に調和させるよう配慮することを基本とし、環境・安全・品質に関し、以下のことを最優先事項として取り組む。
わが社は、このRC基本方針を全ての従業員が正しく理解し、その重要性を自覚し、全ての事業活動を通じて、実践していくことに努める。この基本方針の実践についての最高責任者は社長とする。

1 製品の開発から廃棄に至るまでの全ライフサイクルにわたって、
環境負荷への配慮と環境保護に努める。
2 社是「安全が生産に優先する」を基本とし、無事故、無災害を目指し、
従業員と社会の安全の確保に努める。
3 原料、中間品、製品など取り扱う化学物質の安全性を確認し、従業員、物流関係者、
顧客など関係する人々への健康に配慮する。
4 顧客が満足し信頼する品質の製品とサービスを安定的に提供する。
5 以上の活動の成果を社会に公表し、
正しい理解が得られるようコミュニケーションに努める。

RC 推進体制

社長を委員長とするRC推進委員会を設置し、その下部組織として専門委員会や専門部会を設け、全社RC活動を推進しています。

RC推進体制