HOME > サステナビリティ活動 > リスク管理

サステナビリティ活動

  • TechnoAmenity Stories
  • ストーリーでわかる!日本触媒
  • 会社・製造所案内 MOVIE
  • お問い合わせ 日本触媒への各種お問い合せはこちらから

リスク管理

経営環境、事業環境の変化に伴う当社グループの永続的事業継続に影響を及ぼすリスクを正しく認識し対応するため、リスク管理規程に則りさまざまな施策を実施しています。

リスク管理の体制

当社グループは、グループを取り巻く内外のさまざまなリスクを「グループ重大リスク」と「部門リスク」に区分したうえで、それぞれのリスクに適したリスク管理体制を構築することで、企業価値の維持・向上に取り組んでいます。
「グループ重大リスク」については、当社グループの経営戦略の遂行、持続的な企業価値の向上またはステークホルダーからの信頼の獲得に潜在する重大なリスクを管理対象とし、取締役会がリスクの特定、評価、対応の要否の決定および執行部門によるリスク管理の状況の監督を実施する体制を構築しています。
一方で「部門リスク」については、各部門・関係会社の事業戦略または業務の遂行に潜在するリスクを管理対象とし、各部門・関係会社が、責任を持ってリスク管理に取り組むことにより、迅速にリスクに対応する体制を構築しています。
これら2つの体制により、関係会社を含めたグループ全体のリスク管理体制の整備と強化を図っています。

BCM(事業継続マネジメント)

地震対策、インフルエンザなどの対策を踏まえたBCP(事業継続計画)を策定し、定期的な見直しや、地震対応訓練などを実施することで、BCM(事業継続マネジメント)の強化に取り組んでいます。
2020年度は、新型コロナウイルス感染症対応として実施している在宅勤務により、オフィスの出社人数が少ない状況で大規模地震が発生することを想定し、大規模地震への対応体制などの見直しを行いました。見直し後の内容を従業員に周知・教育することにより、大規模地震発生時の対応体制の強化に努めています。

新型コロナウイルス感染症に対する対応

新型コロナウイルス感染症の世界的な流行を受け、当社では社長をトップとする新型コロナウイルス(COVID-19)全社的対策本部を設置し、従業員の健康確保および事業継続のため、感染予防策の従業員への周知、フレックスタイム制度を活用した時差出勤や在宅勤務、オンライン会議の推奨、出張の自粛などの対応を実施しています。