HOME > サステナビリティ活動 > 社会貢献 > 生物多様性保全と日尼友好バンテン湾の森

サステナビリティ活動

  • TechnoAmenity Stories
  • ストーリーでわかる!日本触媒
  • 会社・製造所案内 MOVIE
  • お問い合わせ 日本触媒への各種お問い合せはこちらから

社会貢献

自然環境の保全

生物多様性保全と日尼友好バンテン湾の森

バンテン湾は当社グループ会社PT.NIPPON SHOKUBAI INDONESIA(以下「NSI」)の所在するインドネシア・バンテン州の北部にあります。かつてバンテン湾は、マングローブと砂浜から成る美しい海岸線が広がり、ジャカルタの避暑地として有名でしたが、浸食が進み当時の面影がなくなってきています。マングローブは海岸線の浸食防止にも役立つことから、バンテン湾内の海岸性の汽水域(海水と淡水が混在する水域)に、小魚やカニ等の多様な生き物が生息する森(マングローブ)を作るために日本触媒グループとして活動し、NSIの地元地域に対して生物多様性・自然環境の保全に貢献していきます。

生物多様性保全と日尼友好バンテン湾の森MAP
開所式

マングローブの森づくりへの決意を込めて、開所式を開催

五嶋社長からのご挨拶/初めてのマングローブ植林に、皆でワクワク

森づくりの理解を深める

バンテン湾の状況やマングローブの働きについて教えてもらいます

苗木の植林

バンテン湾に入って、いざ植林を開始!

マングローブ植林作業の様子

自然環境の保全トップへ戻る